作家・小説家になるための道のり


作家になるためには、文章を書く才能が必要になります。上手な文章でなくても読者受けしそうな文体であれば、小説家になれます。次々と新作を書き続けることができるというのも、才能のひとつです。有名な文学賞を受賞したものの、次の作品が書けずに苦労する作家というのも少なくありません。新しいテーマがすぐに頭の中に浮かぶようであれば、作家として大成するでしょう。

文学賞を受賞する

作家になるためには、有名になる必要があります。多くの読者がつけば、本を購入してもらえるでしょう。本を購入してもらうためには、文学賞を受賞するのが近道です。出版社は小説を募集していますから、作品を書いて送ってみてください。あなたに才能があれば、1次審査・2次審査に残れるでしょう。最終審査に残った作家は、文学賞を受賞しなくても作品を世に出すチャンスにめぐまれることがあります。

次々とヒットを飛ばす!

文学賞を受賞しただけでは、売れっ子作家になれない場合があります。次々とヒットを飛ばさないと、すぐ読者に忘れられてしまうでしょう。売れっ子作家は、多くの本を出版しています。本屋の棚にヒット作が多く並べば並ぶほど、目立ちます。本屋も、有名な作家ということで特別扱いしてくれるのではないでしょうか?

ネット上で小説を公開する

一昔前は文学賞を受賞して有名になるというのが、作家になる一般的な方法でした。今はインターネットがありますから、ネット上で小説を公開して有名になることが可能です。ネット上で小説を公開しても誰にも目を留めてもらえず、ファンが一向につかないとすれば、作家になるのは難しいかもしれません。多くの読者がつき、書いた小説が話題になれば出版社の編集者から声がかかることもあるでしょう。

とにかく有名になること!

これをやれば作家になれるということではなく、文章を書くのが好きで読者がつけば作家になれます。そういう意味では、有名になるのが先かもしれません。ミュージシャンとして成功した人に文章を書く才能があれば、そのうち作家になれるみたいなものです。人間的な魅力があれば読者がつき、あなたを応援したい読者は本を買ってくれるでしょう。

まとめ

作家になるために必要なことは、文章を書き続けられることと有名になることの2点です。文章を書き続けるだけで有名になるのは難しいかもしれませんけど、有名になることでファンがつき、書いた小説をついでに買ってもらえるのではないでしょうか?