雑誌記者になる方法とは?専門学校や大学への進学は必要か?




文章を書く事が好きな人にとって、雑誌記者は憧れの職業の一つですね。自分で取材して記事をまとめて、それが雑誌に掲載されて多くの人に読まれる。とても幸せな事です。そこで、今回は雑誌記者になる方法を紹介します。

雑誌記者になるための学歴とは?

大手出版社に就職して雑誌記者として働きたいなら、大学への進学をおススメします。多くの出版社では、求人の条件として大学卒業以上の学歴を明記しているからです。大手出版社の多くは東京にオフィスがあるので、雑誌記者を目指しているなら東京の大学へ進学しておくと就職活動がしやすいでしょう。

大手出版社ではなく、フリーランスや外部の編集プロダクションに就職して雑誌記者として働くなら、大学に進学しなくても就職は可能です。学歴は問われませんが、自分でマスコミ業界や記事の書き方について学んでおいた方が就職後に有利になります。

雑誌記者になるためにはやはり文系が有利?

大学へ進学する時に、学生は文系か理系の選択を迫られます。雑誌記者を目指すなら文系の方が有利だというイメージがありますが、実際にはあまり関係ありません。理系出身でも、大手出版社に就職して雑誌記者として活躍できます。

雑誌記者になるための資格は?

雑誌記者になるために、特別な資格は必要ありません。ですが、自分で勉強を積み重ねておくと、就職活動の時にアピールポイントになります。できれば、自分でブログを運営してみたり、何かの特化サイト等を作っておきましょう。あなたがどんな取材をして、どんな記事が書けるのかが採用側に伝わりやすくなります。

雑誌記者の仕事、取材をする

雑誌記者になった後の仕事内容は、主に取材と記事の執筆です。取材内容は、担当する雑誌によって異なってきます。例えば、週刊誌の雑誌記者になると、芸能、スポーツ、時には政治など、各分野について現場や人物への取材を行います。取材には、行動力だけでなく、時には粘り強さも必要ですね。

雑誌記者の仕事、記事の執筆をする

取材をしたら、その内容をまとめて記事の執筆が始まります。文章力が必要なのは当然ですが、その分野への知識も求められます。限られたページ内で、いかに多くの情報をいかに分かりやすくまとめるか、雑誌記者の腕が問われる仕事です。

まとめ

雑誌記者になるためには、大学へ進学しておくと大手出版社への就職活動がしやすくなります。フリーランスや外部の編集プロダクションへの就職では学歴はあまり問われませんが、雑誌や文章に触れておく習慣をつけておくと就職後に有利になるでしょう。

Related Post

雑誌ライターとウェブライターの違い〜読者の求めることや購読シーンから検証雑誌ライターとウェブライターの違い〜読者の求めることや購読シーンから検証



多くの人がスマホで情報を集め、ニュースやショッピングもネットで行う昨今、雑誌をはじめとする紙媒体の売り上げは右肩下りです。一方、ウェブでの記事は需要が拡大し続け、ライターの需要も高まっています。雑誌であってもウェブサイト […]